いしだクリニック
院長のコラム

推薦のお言葉
院長のあいさつ
診療科目
脳ドック
当院のモットー
外来診療担当医

スタッフ募集
最新機器
問合せメールボックス
LINK
LINK
新百合健康サポート倶楽部|健康診断のご案内 アクアピア新百合 ヘルスケアプラザ アクアピアサロン ケアサポートプラザ アクアピア百合丘 動脈硬化net いいほね.jp 院長著書ご案内
院長のコラム

院長のコラム 目次へ
一過性脳虚血発作―脳卒中の前ぶれ

手や足の脱力感やしびれ、失語(言葉が話せない、または理解できない)などの脳の障害による症状が急激に起こり、数分から24時間以内に完全になくなり、後遺症なく回復するような場合、一過性脳虚血発作と言います。

実際に発作中に患者さんを診ることは少なく、症状の起こり方、持続時間、消失の仕方を確かめなければ見逃しやすいのです。発作を忘れている人もいます。よく診察すると、軽い麻痺や言語障害などを認めることもあります。

症状は一時的ですが、脳に小さな脳梗塞があることも多く、その原因は小さな血栓(血のかたまり)ができ、数分後に溶けるためと考えられています。

この病気が注目されるのは、約3割強の患者さんが脳梗塞になる発作を繰り返すうちに、後遺症が残り重くなるが、適切な治療をすれば予防できるからです。

特定健診を受ける時に
(1)血管年齢検査、(2)頸動脈エコー検査
を受けるようにしましょう。

(マイタウン H.30年10月1日号原稿)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOPへ


【目次へ】