いしだクリニック
院長のコラム

推薦のお言葉
院長のあいさつ
診療科目
脳ドック
当院のモットー
外来診療担当医

スタッフ募集
最新機器
問合せメールボックス
LINK
LINK
新百合健康サポート倶楽部|健康診断のご案内 アクアピア新百合 ヘルスケアプラザ アクアピアサロン ケアサポートプラザ アクアピア百合丘 動脈硬化net いいほね.jp 院長著書ご案内
院長のコラム

院長のコラム 目次へ
慢性硬膜下血腫 〜見逃されやすい脳の出血〜

〜見逃されやすい脳の出血〜

 高齢者が軽く頭を打ってその時は何もなく過ごしているのですが、2−3ヶ月してボケたようなことを言ったり、ふらふらしてよく転んだり何か変だなと家族が訴えてつれてこられる場合があります。またボケだと思って精神病院に入院していた人の中で、CTを検査したら慢性硬膜下出血が見つかった場合もありました
 この出血は頭蓋骨の内側で脳の表面に血液が徐々にたまる病気です。わずかな頭部外傷で起こります。症状は2〜3か月後に徐々に静脈からの出血がたまり脳を圧迫して現れます。
 軽い頭痛、歩行の不安定やふらつきなど特徴的な症状はなく、痴呆や記憶力の低下を訴える場合もあります。  CT検査で簡単に診断でき、出血による脳の圧迫などの異常が分かります。老人では脳の萎縮のため、頭蓋骨と脳の間に隙間が多く、脳の圧迫症状が出にくいのです。静脈からの出血で徐々にたまるため発見が遅れ、見逃されやすい出血です。
 日常しばしばみられる病気です。局所麻酔により一時間ぐらいでおわる簡単な手術です。手術により劇的に良くなるのも特徴で、痴呆患者の中にこの病気の方がいますので、直るボケの原因となる病気の代表です。

 

 

 

 

 

 

【院長のコラム 目次へ】