いしだクリニック
院長のコラム

推薦のお言葉
院長のあいさつ
診療科目
脳ドック
当院のモットー
外来診療担当医

スタッフ募集
最新機器
問合せメールボックス
LINK
LINK
新百合健康サポート倶楽部|健康診断のご案内 アクアピア新百合 ヘルスケアプラザ アクアピアサロン ケアサポートプラザ アクアピア百合丘 動脈硬化net いいほね.jp 院長著書ご案内
院長のコラム

院長のコラム 目次へ
軽い認知症の見分け方

少し物忘れがあると自分は正常か、または認知症の初期なのかを心配して受診される患者さんが増えています。

現在、正常と認知症の間ぐらいの「軽い認知症」が注目されています。物忘れだけが目立ち、日常生活はそこそこできる状態です。少し前のことを忘れるのが特徴で、初期の頃は本人も自覚しています。この軽度認知症の約50%の人が1~3年以内にアルツハイマー病に進んでいく可能性があります。診断は病気に対する認識、記憶力テストや画像診断で判断します。初期の患者さんは記憶力テストで23~24点(30点満点)位です。CTやMRIで脳や海馬の萎縮、脳血流検査で脳の一部に血流低下がみられます。ほぼ確実に アルツハイマー病に進む可能性がわかるので早期診断が大切です。

この段階で早期に治療を開始すればかなり有効に進行を食い止められます。また、アルツハイマー病の予防には、日常の有酸素運動は有効とされています。

※マイタウン 2012年10月15日号掲載

 

 

 

 

 

TOPへ


【目次へ】