いしだクリニック
院長のコラム

推薦のお言葉
院長のあいさつ
診療科目
脳ドック
当院のモットー
外来診療担当医

スタッフ募集
最新機器
問合せメールボックス
LINK
LINK
新百合健康サポート倶楽部|健康診断のご案内 アクアピア新百合 ヘルスケアプラザ アクアピアサロン ケアサポートプラザ アクアピア百合丘 動脈硬化net いいほね.jp 院長著書ご案内
院長のコラム

院長のコラム 目次へ
一過性脳虚血発作~脳梗塞の前触れの可能性~

脳の病気を心配し、来院される患者さんに知っておいてほしい病気の中で、脳梗塞の前触れとしての一過性脳虚血発作という病気があります。脳動脈硬化などによる脳の血流障害が原因で起こる一時的な発作で、大概2~5分くらいで症状が消失するため、医師が直接診察することはまずありません。しかし数年以内に20~30%の人が重篤な脳梗塞を発症すると言われています。体の片側の腕や脚に脱力や麻痺、しびれが起こる、急に片方の目がかすむ、物が二重に見える、突然錯乱が起こり会話ができない、感情の抑制ができずに泣いたり笑ったりする、体のバランスを失い転倒する、突然ひどい頭痛が起こるなど様々な症状が現れます。

短時間で軽快するため安易に考えがちですが、素人判断は危険です。医師にきちんと症状を説明して精密検査を受ける必要があります。この病気の治療目的は脳卒中の予防で、高血圧、高コレステロール、血糖値のコントロール、禁煙が大切です。

※マイタウンCUBE 2011年10月13日号掲載

 

 

 

 

 

 

 

TOPへ


【目次へ】