いしだクリニック
院長のコラム

推薦のお言葉
院長のあいさつ
診療科目
当院のモットー
診療機器
診療と来院のご案内
院長のコラム
スタッフ募集
問合せメールボックス
LINK

アクアピア新百合

訪問介護・居宅介護支援 パレットケア
院長のコラム

院長のコラム 目次へ
生活に支障のある頭痛 〜片頭痛の見分け方〜
 

片頭痛は、国民の8.4%、840万人が経験している生活に支障があるつらい頭痛です。2000年より特効薬(トリプタン製剤)が日本でも使えるようになり、つらい痛みから解放されていますが、多くは専門医を受診せず、診療を受けても風邪や高血圧の診断を受け鎮痛剤を処方され、トリプタン製剤の恩恵を受けていないのが実情のようです。みなさんが簡単に片頭痛を見分ける方法として

@ 毎日頭痛がありますか

A頭痛は片側におこりますか

B 頭痛で日常の活動が阻害されますか

という3つの質問が判断するのに役立ちます。(図参照)



最近、新しい頭痛の国際分類ができ、発症のメカニズムが解明され、正確な診断ができるようになりました。片頭痛の基準は、@毎日頭痛があるかA片側におこるかB日常の活動が阻害されるかです。毎日あれば片頭痛ではなく、また片側とは限らず40%は両側におこり、日常生活に支障のある頭痛が特徴です。さらに

A,生活に支障の高い頭痛

B,吐き気がある

C,光に敏感でまぶしい

D,においに過敏

などの症状が伴えば片頭痛の可能性が高く、特効薬(トリプタン製剤)が有効なので、日常生活に支障のある方は、是非専門医に相談のうえ服用し、つらい頭痛から解放されましょう。

※このコラムは、マイタウン21発行の「多摩山手10月23日号」及び「多摩山手11月27日号」に、2回に分けて掲載されたものです。

TOPへ

【目次へ】